飽きっぽい人のブログ@qwerty2501

プログラマとしてもテスターとしても中途半端な人のブログ

ライブラリを公開するときにできるだけ無制限なライセンスにしたい

楽にライブラリを使用してほしい

こんばんわ、皆さんはライブラリを公開したことがありますか?
公開するときにはどんなライセンスを選んでますか?
修正BSDライセンス? MITライセンス? GNUなひとはGPL v3でしょうか。
俺としてはできるだけ制限をかけたくないので2条項BSDライセンスかMITライセンスで配布するのが安定かなと思っていたのですが、
これらのライセンスでも再配布の際には著作権表示をソフトウェアの重要な部分に記載しなければなりません。
たとえ他の人でも自分の著作権表示を書いてる姿を想像するとなんかもうめんどくさくなってきますよね
それで、もっと緩いやつないかなと思って探していたんですが、ちょうどいい感じのがあったんで紹介したいと思います。

著作権表示を求めないライセンス

2つ見つけました。一つはWTFPL、もう一つはNYSLです。
どちらも名前がふざけていますがいい感じのライセンスですねシンプルだし。
欠点といえばマイナー故に採用しづらいという点でしょうか。まあ個人開発なら問題なさそうです。
将来的に企業が使うことが想定されるソフトウェアでもとりあえずNYSLで公開しておいて、プロジェクトがある程度軌道に乗ったらApache Licenseなどに切り替えれば問題なさそうですね。

慣例的に行われている著作権表示が面倒だと考えている人は一度採用を検討してみてはいかがでしょうか。